RoHS禁止物質 6物質から10物質へ

改正RoHS指令の禁止追加物質
4種類のフタル酸エステル規制物質が追加

改正RoHS指令(2011/65/EU)の禁止物質6物質に対し、2015年6月4日、フタル酸系の4物質を追加する官報が公布されました。
これにより、禁止物質は10物質になりました。

 

 禁止物質規制濃度(閾値) 
1 1,000ppm 0.1wt%  
2 水銀 1,000ppm 0.1wt%  
3 カドミウム 100ppm 0.01wt%  
4 六価クロム 1,000ppm 0.1wt%  
5 PBB(ポリブロモビフェニル) 1,000ppm 0.1wt%  
6 PBDE(ポリブロモジフェニルエーテル) 1,000ppm 0.1wt%  
7 DEHP(フタル酸ビス(2-エチルヘキシル)
Bis (2-ethylhexyl) phthalate
1,000ppm 0.1wt% 新規追加物質
CAS No: 117-81-7
8 BBP(フタル酸ブチルベンジル)
Butyl benzyl phthalate
1,000ppm 0.1wt% 新規追加物質
CAS No: 85-68-7
9 DBP(フタル酸ジブチル)
Dibutyl phthalate
1,000ppm 0.1wt% 新規追加物質
CAS No: 84-74-2
10 DIBP(フタル酸ジイソブチル)
Diisobutyl phthalate
1,000ppm 0.1wt% 新規追加物質
CAS No: 84-69-5

 

追加されたフタル酸4物質を含め、規制開始の時期については下記をご参照下さい。

 

1 大型家庭用電気製品 2019年7月22日
2 小型家庭用電気製品
3 IT 機器及び遠隔通信機器
4 民生用機器
5 照明機器
6 電動工具
7 玩具、レジャー、スポーツ機器
8 医療用機器 2021年7月22日
9 監視及び制御機器
10 自動販売機 2019年7月22日
11 上記カテゴリに入らないその他の電気・電子機器

RoHS2(2011/65/EU) AnnexⅢ適用除外用途

AnnexⅢ 付属書3(カテゴリー1~11)
AnnexⅣ 付属書4(カテゴリー8と9)

※禁止物質=禁止(制限)物質

 

ディファレントでは、フタル酸エステル分析をサービスレベル(高品質、短納期)を徹底し続け、コストメリットがある提案をしています。

EU改正RoHS指令対応にお困りの場合は是非ディファレントにご相談を。

GerCloud log

 

【サービス提供】
株式会社ディファレント
本   社:〒430-0825 静岡県浜松市南区下江町11-2
東京営業所:〒135-0007 東京都江東区新大橋3-5-1 平野ビル 1F

 

【フタル酸エステル分析について】http://www.dger.jp/フタル酸エステル

【フタル酸エステル分析の費用など】http://www.dger.jp/分析メニュー/フタル酸エステル分析.html